Sympathy 2015 に向けて

ストーリーの終着点となる【深淵なる闇】の撃退に励む日々を満喫中のことと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。


例に漏れずレアドロ+250%とトライブースト100%を惜しげも無くつぎ込みレアアイテム入手を切望している訳ですが目立った収穫はなく…。プレミアム期間が終了し、プレミアムドリンクのレアドロアップ効果が望めなくなったのですが、いざドリンクを利用できなくなると大箱を割った時のラインナップが大きく見劣りするようになったと感じています。プレミアムチケットを使うことのメリットが少ないとの声を聞きますが、実は小さなところでゲームの本幹に大きなアドバンテージを与えていると思います。

さて、来たる11月23日にSympathy2015が開催されます。

ばっちりチケットは用意出来たわけですが、ローソンチケットがなんと使いづらいことか…。2cellosライブを念頭にライブチケットを購入する際、大体はe-plusで申し込み、ファミリーマートのファミポートで発行されたチケットを持参するのですが、ローソンチケットは機械で発行されたチケットだけなく別途チケットが郵送されてくるのですね…。紛らわしいにも程がある。

日本のコンビニ市場を牽引する巨塔の一角に文句を垂れるのはここまで。

Sympathy2015で演奏される曲目が広報されました。前回のSympathy2013でラストを飾った『For Brighter Day』にすっかり心を打たれ、2013年秋にそのライブDiscも購入しました。ライブ当日までに復習を兼ねて聞きなおす次第ですが、恥ずかしながらPhatasyStarシリーズはこのPSO2が初めてプレイするタイトルであるため過去作品の予備知識がゼロであり、他の人に比べてノリにノレない節があったりするのです。…酒を一献呷れば解消する問題ではあるのですが、ライブ当日は出来ればシラフで参加しようと思っています。お酒飲んじゃうと気持ちよくなって寝てしまいかねません。パシフィコ横浜でのランチで一杯やる可能性は否めないのですが…。

前回のライブではファミコン時代のオーケストラ曲が前半を占めたようですが、発表された曲目を見ると、インターネットが普及し始めた頃からの曲目が多いようです。これなら上手くいけば動画サイトなどで予習できるかもしれません。原曲を知らないでも十分に楽しめるとは思うのですが、やはり予備知識を押さえておいたほうが、お金に見合ったもの以上の楽しみが望めると思うのです。Black Bowmore - First Edition - はそれでなくとも十二分に満喫できる銘柄であると確信して止みませんが、おれがそれまで頂いていたウィスキーという概念を見事に崩壊させてくれました。この歓びを味わうには、事前準備を入念にしておかないことには辿りつけないと思うのです。

段取り八割、本番二割、といったところでしょうか。

…前回のPSO2のオーケストラアレンジは、やはりビッグ・ヴァーダー戦が秀逸です。元々壮大感溢れるBGMですから、より一層良い響きとなっていると思うのです。どの原曲がオーケストラアレンジされるかワクワクしながら臨みたいものです。ライブパートでは、目一杯、はしゃぎましょうね!

No comments

Powered by Blogger.