中佐のぷそ2 2019

December 22, 2019


気がつけば、2019年もすっかり暮れを迎えてしまいました。
東京脱出を果たした春から、もう1年が経つのかと思うと早いものです。

毎度恒例、2019年の振り返り記事、これを以って今年のブログ記事もお開きです。


中年コスプレシリーズ


3月のデビルメイクライネタ。バージルあんちゃんのコスプレは、長いこと温めていたネタです。ファイナルトレイラーを見て、満を持しての発表となりました。‥実はDMC5は一度クリアしたところで止まってしまいました。アル中のPCでは、若干グラボのパワーが足らないようです。WindowsのアップグレードついでにPCを買い換えようと思っていたのですが…。そして2年のインターバルを置いてようやく綴ることができた、じぃと師匠の話。実は「お見事です、お嬢様」を綴った時点で、次は師匠の話にしよう、とテーマは決まっていました。ぼんやりとイメージは合ったのですが、師匠を綴るに相応しい場所が見当たらず、発表できないでいました。Ep5の中世欧州の様美式は喉から手が出るほど使いたかったネタ。自由に使えるEp5期間限定クエストは絶好のチャンスだったのです。中佐のぷそ2 2017でも述べていますが、じぃのネタはペンがザクザク進むのです。と思っていたら、酒と時間も同様にザクザク進んでいました。ベロベロに酔っ払ってるだけやん。
ちなみに、このSSを撮っていながら、マー君のヒーローフィニッシュとも言える大技のシーンで終わりにしたのは、ちょっとしたイジワルでした。マー君が本気でかっこよく見えたせいもあるのは確かですが…。ラスト、湖畔のBGMを聞きながら記事を書き、じぃの懐旧の思いを何度も読み返し、ボロボロに泣いた酌も、よい思い出です(親バカ極まれり)。本当によいエリアを用意してくれました。


オフラインイベント


久しぶりの来店となったスイーツパラダイス新宿。このときには前職の職場にも退職の意を伝えていて、あとは時期を待つのみ、といった体制までプロジェクトを安定的に進めることができていました。持つべきは、ちゃんと話を聞いてくれる上司と信頼できる同僚、ですな。新しい職場になってつくづく感じるのは、こういうのマジ大事。

東京脱出した時点で、これまで通りPSO2イベントに自由に参加できるか未確定でしたが、なんだかんだ2回のオフラインイベントに参加することができました。感謝祭名古屋会場に行こうと思ったのは、遠出したくなっていたことと、ジェネカップなコスプレイヤーさんから元気をもらおうと思ったため。昨年秋を盛大に彩ってくれたバスター緊急クエスト後半戦開幕を彩るTILFON 。アンプから吹き出る爆音を今でも耳が覚えています。なんだこれ、すげーやべー緊急クエストが来たぞ。と勇み参加したことを思い出します。BGMがヤバイくらいかっこよく、難易度もヤバイやつでした。この名古屋会場参加をチムメンに紹介し、久しぶりの対面となった感謝祭神戸会場。チムメンのコナーさんがいい男になったということは、おれも順調に年をとっているというわけだ。…順調どころか、今日マッサージ師のおっちゃんにメンテナンスをお願いしたら、失笑されるほど使い込んでいるみたい…。体鍛えないと。


PSO2es


すでにesのエルジマルトストーリーも佳境に入っているようですが、アル中は以前まともにプレイできる状態になく…。相変わらず首から上やら全身やらがステルス迷彩状態で、まともにプレイできていません。細々とクイック探索をするのみです…。全データを再ダウンロードしようとすると回線弱いせいかアプリがダウンしちゃうんですよねー。トホホ…。


サポートパートナー


中年コスプレシリーズネタを支えてくれるサポートパートナーダフネ。プレイヤーとは違いロビーアクションも指示できないのでSSに使える選択肢は限られているのですが、「奪還作戦」 ではいい味を出してくれました。上述の通り、師匠の話が湿っぽく終わってしまったので、この記事では完全にハッチャケる内容に徹したのです。市街地もうまく使えた気がします。そして先月11月にリリースされたパートナーホログラム。未だにPVを伸ばす記事となったようです。サポートパートナーをどれだけの人が使っているのか気にしたこともなかったのですが、思ったよりも多くの人がサポートパートナーを自キャラの一部として見ていることが伺える結果となりました。

ちなみに今年のクリスマスバナーは、以下のSSを切り抜きして用意しました。勝利ポーズロビアクは、いいショットが望めるロビアクのようですね。今回のペアルック要素は、エフィメラの花です。





SF回帰



吉岡ディレクター渾身の『終の艦隊迎撃戦』。12/18の正式リリースを前に20万回再生を記録したEp6オープニングの舞台。リリースから半年、ドロップがいささか現状に見合っていないため影を潜めていますが、こだわり抜いた演出は未だに気付かされるものがあります。1対8の絶望的な局面、かつ四肢を奪われてもなお戦い続けるその一途な姿勢に、敬意の念を抱かざるを得ないネメスアンジュール。隠れファンも多いのではないでしょうか。などと呑気なことを抱いていたと気付かされる『宇宙を斬り裂く紅き閃機』。アンジュールちゃん本気っす。ジャコーさんの記事ではありませんが、A.I.S損壊による賠償責任とか言ってる場合じゃない。

そして先日リリースされたエトワール。ファントムに続くEp62つ目の新クラス。アル中好みのマッチョなクラスでした。Hr、Phのようなギアフィニッシュはないものの、それを補って余りある武器アクションが肝のようです。諸々あって十分な時間を確保できていませんが、一つ分かったことが、Etダブルセイバーは武器アクションの当身カウンターが鬼のように強いということです。困ったことがあったらとりあえず武器アクションボタンを連打しているだけでほぼ無効化、かつ高ダメージを与えることができることでしょう。昨夜ようやく掴んだもう一つの要点で、セレスティアルコライドの刃は巻き込み判定があるということです。エルダーアームを相手に、先の当身ゲームを楽しむついでにこのPAで遊んでいたのですが、刃がアームにヒットすると、50万を超えるダメージカウンターが2つ…。爪の剥がれたアーム2つにあたったようですが、ただの1PAを弱点に当てただけで50万ダメージはなかなか見どころのあるPAのように思えました。ギアフィニッシュであれば、もっと大きなダメージを望めることは確かですが、いつでも使えるPAでこのダメージはなかなかだと思うのです。しかも中佐の装備はようやく★13ユニットに乗り換えたばかりでOP付もままならない状態。まだまだ伸びるとということです。Hr、Phに比べるとマルチの苦手な対ボスクラス色が強いEtと思いますが、タフなプレイを望めそうです。2月のアンケートで「RoyalGuard!」などと吠えましたが、ほんとに実装してくれた感満載なのです。

中年コスプレシリーズ - アルティメットファイター

November 29, 2019




ここが最後の通信があった場所だが…


なんと、ここはムシどもの巣だったのかっ!


ムシ以外の生命体を発見
私と同じようなインカムを付けた、二足歩行する生命体を見なかったか?


なるほど。恩切る!


正にたかるムシども。
我・々・ノ・手・デ・狩・ル!


これは、奴が残したメッセージパック。


不覚、囲まれたっ!


だが、このままでは退かんよっ!


まて、この閃光は…


救助に来たつもりが、助けられてしまったな
狩リノ・時間ダ!!





コーデ詳細

ヘアースタイル: アヴェンジャーショート
メイクパターン1: なし
メイクパターン2: なし
ボディペイント1: なし
ボディペイント2: なし
コスチューム: サファイギリアス
アクセサリー1: ギリアスバイザー鋼
アクセサリー2: フロンティアインカム
アクセサリー3: なし
アクセサリー4: なし
武器: ティルトレイター(中身は、アトラボラーレ)

これは、2015年「頼むぜ、アヴェンジャーショート...」にて紹介したコーデ。アル中の中では不動の定番コスチュームとなっています。長いことPSO2ライフを過ごしていますが、なんだかんだ定期的に装いたくなる中佐の定番コスチュームと言えるものは4つ程度です。古い記事を読むと、思いのままにPSO2を楽しんでいたんだと感じます。中佐も筋肉最大化していない時代もあったのです。
今回古いコーデを引っ張り出したのは、ランチャーのティルトレイターと合わせるため。Ex産武器のデザインは、何年経ってもかっこいいですね。SFに戻ったEp6でこそ身につけるべきなのかも。ごっついランチャーを持ったロボットアニメに出てくるような装いにするか迷ったのですが、ティルトレイターは流線型のスリムなビジュアルですし、ここは奥の手のサファイギリアスコーデで収めることにしました。アクセサリーのフロンティアインカムは、「中年コスプレシリーズ - 奪還作戦 -」以来のお気に入り。アークスは耳を抑えるだけで、オペレーター達と会話できるようですが、いかにもそれっぽくていいじゃないですか。現在期間限定クエストとして配信されている「闇の饗宴」では解式PA「プロミネンスアサイル」がいい感じです。何発か連射すると高度が稼げますので、そこからスフィアイレイザーなんかを放ち続けると、おれ仕事してる感満載なのです。ご満悦。
プレミアムチケットのおまけロビアク「膝立ち」もいい働きをしてくれました。




コーデ詳細

ヘアースタイル: アイカヘアー
メイクパターン1: ナチュラルメイク
メイクパターン2: リップカラー 薄紅
ボディペイント1: 足袋&手袋F 白
ボディペイント2: バルキータイツ黒
アウターウェア: イノセントクラスタ [Ou]
ベースウェア: リーヴァスワロー雪 [Ba]
インナーウェア: ノッツェフィオレ影 [In]
アクセサリー1: ステラヘッドギア
アクセサリー2: スカートスタビライザーC
アクセサリー3: なし
アクセサリー4: フロンティアインカム
武器: クラーリタ・ヴィサス

実を申し上げますと、このコーデはラグスシップですれ違った人たちのコーデの影響を色濃く受けています。具体では、ステラヘッドギア、イノセントクラスタ、リーヴァスワロー、スカートスタビライザーと、シルエットを構成する要素すべてになります。アル中がいかに普段コーデカタログを覗いて鼻の下を伸ばしているかの表れと言えます。ボディペイントの「バルキータイツ黒」は、ストーキーさんところの亜子ちゃんを見て決めました。ノーヴィカッツェはいいウェアですよ。もちろん、男性のノーグライアーも。メイクパターンはいつもの。コーデ詳細を綴るためにメモ帳に手書きでまとめているのですが、本当にいつものメイクパターンなので、「いつもの」と書いてしまいました。この色合いがアル中は好みのようです。お腹丸出しでは風邪を引いてしまうだろうインナーウェアにはノッツェフィオレを。Ep5の合間にあった、ゼノ兄貴とエコーの結婚エピソードでリリースされた衣装ですね。「むむむ、エコーはこの下着で勝負に出たと見た」などと下世話なことを抱きながら購入したアイテムです。お腹を隠す衣装は絶対数が少ないのであると便利です。ちなみに、前回の記事以来、舎弟の顔のパーツ一部分が変わっています。中の人だけが知っていればよい、些細なことです。

おまけになりますが、当初のお話では舎弟が出てくる幕はなかったのです。
今回の記事はアル中的に難産でして、「S1:花ノ赤閃」と「S4:六色」をあわせたランチャーが噂通りに強く、昨年9月頃の「中年コスプレシリーズ - おれはハンター -」ばりにランチャーの解説でもしてみようかと思ったのですが、そもそもRaなんてまともに使ったことないと気づき、普段どおりの寸劇にすることにしました。ストーリーも、リリーパ族との会話を「胸の小さい娘を見なかったか」「あぁ、それならあっちだ」などとアホな会話にしようかとも思ったのですが、結局続かず…。ティルトレイターがかっこいいので、武器を焦点にした記事も面白いかと思いきってみたのですが、なかなか難しいですねぇ。

ちなみにこの中佐のカッコで終の艦隊クエストに挑むと、これまたご満悦です。

【パートナーホログラム】hello, partner

November 09, 2019

先日のPSO2 STATION+で俄かに発表があった、ルームグッズ「パートナーホログラム」。2016年より綴り始めた「中年コスプレシリーズ」でいつも中佐の茶番に付き合ってもらっている身としては、ひとつ用意してやらねばなるまい。

素材倉庫という快適なPSO2ライフ必携アイテムのためSGの利用計画は慎重にとるべきところ。幸いにも倉庫でホコリをかぶっていたEX系ブーストアイテムをすべてSG交換バッジに変更することで30枚用意できました。SG交換バッジだけで手に入るようにしたのは、全体的な需要を考慮しスクラッチ景品から除外した、ということでしょうか。2012年オープンβからPSO2ライフを送っていますが、すっかりニッチ層として定着したというわけです。こんなもんに食いつくわけですから。


パートナーホログラムを使った場合の変化はこちら。
選択項目に「ポーズを選択する」が表示されるようです。


利用できるロビーアクション

ポース8
ポース16
ポース23
ポース24
よりかかる
腕を組む
勝利ポーズ1
勝利ポーズ2
グラビアポーズ
グラビアポーズ2
※いずれも異性ロビーアクション利用可

ロビーアクションを選択できると公表されましたが、ロビーアクション全体数を考慮すると選択肢はごく僅か。上記10種類固定のようです。PSO2のメインコンテンツは「キャラクリ」「チャット」「ロビーアクション」の3つなのですから、もっと頑張って欲しいところではありました。企画段階からの仕様ではなく、データベースアクセスなど、システム的なことを考慮した上でのやむを得ない結果であったと信じたいところです。可能であれば、ユーザが利用できるロビーアクションからもいくつか選択できるように修正してほしいなぁ。



PSO2 STATION+のスライドであったとおり、プレイヤーと同じ尺度で体格が調整されます中佐の身長は202とかなりの体躯を誇っていますが、少し身長が低いくらいの様子。サポートパートナーのエステで表示される身長は108です。「パートナーはプレイヤーと同じサイズで表示」、とあったので強制的に202のサイズで表示されるのかとも思いましたが、尺度が変わるだけのようです(エンジニア視点からすると先の言葉で仕様を伝えられると、選択肢が最低でも2つ浮かぶわけです。細かいよねぇ)。

その他現在まで気づいた仕様は以下の通り。

・姿を残したままクエスト出撃できる
・クエスト出撃中は、衣装・ロビーアクションを変更できない
・チャットコマンド「/ceall on」は反映されない
・武器・防具は表示されない
・アクセサリーは表示される
・コスチューム変更はその場で反映される



コーデ詳細


ヘアースタイル: オウガポニー
メイクパターン1: ナチュラルメイク
メイクパターン2: リップカラー 薄紅
ボディペイント1: なし
ボディペイント2: なし
アウターウェア: なし
ベースウェア: トゥードイロジオン夜[Ba]
インナーウェア: シリコン1[In]
アクセサリー1: アークマカチューシャ
アクセサリー2: なし
アクセサリー3: なし
アクセサリー4: なし

「侵食」が進んだSF系がテーマのトゥードイロジオン。あえて夜を選んだのは、他のアクセサリーと色を合わせるため。ディティール色となっている水色は、各種武器で表示されるフォトンカラーやアークマカチューシャなど各種アクセサリーでも利用されることの多い色だと認識しています。リーヴァショルダーBが使い勝手のよいアクセサリーでこれを念頭にしていたのですが、ごちゃごちゃさせることもないだろうと結局つけないままになりました。


毎度露出の多い衣装をブログでピックアップしてくれる「かれんちゃんのぷそにっき」さんでも言及されていますが、この衣装はおしり丸出しなのであります。下着が見えるのも味なもので、モチベーションも股間も前向きになろうとも思ったのですが、アクセサリーも見送ったわけだしここは潔さを重視しました。
前述のとおりキャラクリ含めてゲームを楽しんでいるわけですが、最近おしりがフィーチャーされる衣装が多くなった気がします。…話がわかる開発者がいるようです。

コーデ詳細


ヘアースタイル: ヒューキャストヘッド
メイクパターン1: なし
メイクパターン2: なし
ボディペイント1: 全身タイツM 黒
ボディペイント2: なし
アウターウェア: なし
ベースウェア: ブルートイロジオン空[Ba]
インナーウェア: ヒューマンインナーM[In]
アクセサリー1:なし
アクセサリー2: なし
アクセサリー3: なし
アクセサリー4: なし

ブルートイロジオンのモデル画像では胸と腹筋を露出したオラオラ系アンちゃんでしたが、筋肉質最大の中佐が身につけるとラガーマンのような太ももが目を引きます。せっかくの肉体美ですがヒューマンインナーMを合わせるとバトルスーツらしさが引き立ちました。ヒューマンインナーだけでは左腕の肘が露出してしまったので、全身タイツでダメ押し。ここまで来たなら奥の手のヒューキャストヘッドも使ってしまえ。前述の武器カラーとの相性ですが、コモン武器のオーダー系武器迷彩が非常によい働きをしてくれます。中身は去年1月にOP付けしたオフスNTです。オフスが長く愛される理由の一つに、「美しい曲線美の意匠とフォトンカラーの融合が絶妙だから」があるのではないのでしょうか。


※※※
OP違いですが、先日7thOPが発表されましたね。


なんすか、この龍星丸は。エトワールを見て何を抱くかで世代がバレます。
夏に発表があってから、キャス男のチムメンがアツアツなのです。キャスト勢の愛着は他種族の比較にならないよねぇ。BGMは「All Arks」と予想していましたが、別の曲を当てたようです。何度も見てるとBGMとキャラクターたちの活躍がリズミカルに一致しています。初めからこの演出を考慮していたのかもしれませんね。

まだ見ていない方はぜひご覧になって、12月のリリースを楽しみにしましょう。



PSO2es 透けてます

October 15, 2019

えー、ここ3週間程度まともにesでゲームが出来ていません。

理由は単純、上記のとおりキャラクターがまともに表示されないのです。裏側ではなんとか表示しようとしているのか処理も異様に重くなっています。

これはいつぞやのクーナライブ以来の大珍事や、ということで面白がって戦闘に参加したりするのですが、これまた異様な状態に。



むぅ、エネミーもまともに表示されていないのか。赤いモヤのようなネガフォトンが、いつの間にか魔法をかけてくるぞ(正体は、リューダソーサラー)。この状態のデコル・マリューダとの戦いの異様そのもの。金縛りのように激重になった処理状態の中、回転する残像が襲いかかってくるのです。両の手に持っていると思しきツインダガーが地に伏せると再び立ち上がるまでに10秒を要する始末。デコルちゃんは余裕の「うぉ~ん」。

衣装ダウンロードが中途半端だからいけないのかと全データダウンロードもしてみたのですが、改善の兆しは一向に見られず。

仕様がないので先程PSO2esに1枚目の画像を添付し問い合わせフォームから投稿しました。すぐには回答は来ないものと思いますが、しばらくは回答待ちです。

なんだかんだ、レセプターアイテムは有効活用できるので、esはesで美味しいのです。フレンドチップ次第で難易度が丸っと変わるのも嫌いじゃない。リーダーを通して、ダーカーバスターズの活躍を伺うのもすっかり板についてしまいました。

中年居酒屋シリーズ - アークスだってモンハン飯

September 29, 2019

おぅ、毎度。

なに、たまにはこういったガッツリしたやつが食いたいだと?
どうしたい、すっかり「もたれる」ようになっちまったというのに。最近疲弊気味なので食いもんで活力を得たいだと。

そうだな、見様見真似だが用意してみるよ。
…どうだい。




●DOMAINE SERENE 2015 EVENSTAD RESERVE
ワイン商からの謳い文句は「かのロマネ・コンティをも打ち負かしたことのある名ワイナリー」。アザナミさんばりに「そりゃいいね」と軽く受け流しつつ、一口。記念日用に取っておいてあるPSO2正式サービスインより前に買ったお高い赤ワインならあるのですが、休日を楽しめるちょいとリッチなグレードの赤ワインがないな、と即買い。ぶどうの種類はピノ・ノワール。産地は、オレゴン州。オレゴン州といえば、アメリカワインの有名どこです。こいつは楽しみだ。それに、スレード中佐由来の映画では、主人公の一人シムズ少年の故郷がこの地。映画では金持ちのボンクラ小僧達から辺鄙な片田舎的な扱いを受けていましたが、あれから随分たった今となっては、名ワイナリーを構える立派なブランドとなったわけです。味わいはシャープ、ほどよいぶどうの旨さを感じ、フィニッシュはスッキリとしていながら腰を感じさせます。なるほどピノ・ノワールというべき、嫌味のない輪郭のしっかりとした味わいです。こりゃー、飯が進むぜ。

●ポークシチュー
近所のスーパーで、カナダ産牛ステーキ肉にするか豚バラ肉のブロックにするか迷いましたが、がっつり行くってことで豚バラに。パックに入ってるときは冒頭SSのアイルーたちが作ったシチューの様に大きな塊でしたが、下ごしらえの際に筋切りやら叩いたりしてたら、いつの間にか二口大の塊に。一通り仕込みが終わって人参を用意していないことに気づき…。無性に人参のカロチンを欲していたので再びスーパーに出向き補充。出来栄えはまずまず。豚肉も噛み切れるほどになっていて、たまのワイン晩酌にふさわしいものになりました。

●ひき肉とじゃがいも・しめじのチーズ焼き。
これがヘビーな一皿になってしまいました。素材を敷き詰めたのはよかったのですが、直火OKの耐熱皿にオリーブオイルを垂らしたら、やけに腹に重くのしかかる様になってしまいました。これでこんなに胃がもたつくのであれば、MOCO'sキッチンの料理たちは一体どれほどだったのでしょうか。きっとアスリート向けのエネルギッシュな仕上がりになっていたのではないかと。

●焼いたバターロール
すっかり朝飯もご飯派になったので、自宅でパンを食べること自体がかなり久しぶりに。いやいや、皿についたシチューをパンになすりつけて食べる瞬間こそが、最高の贅沢というものでしょう。

2年ぶりとなった中年居酒屋シリーズ。PSO2のSSすら用意していない体たらく。最近ばたばたしてるのでご勘弁。モンハンのハンター達のように屈強な肉体を持っているわけではないので、この量が今は精一杯。予定通り、活力は得られたのではないかと思います。ついでに脂肪も。

激闘!フリークエスト!!

September 23, 2019

元首、落ち着いてください。
サービス開始から7年、PSO2はフリークエストから卒業できる次代のコンテンツを未だリリースできていない、ということに過ぎません。

一見、サービス運営に対して相当な辛口コメントから始まりましたが、中の人はむしろ6年前5年前を思い出しながら楽しんでいます。


アル中はアル中らしく、I.W.HARPERを4、5杯あおりながらフリークエスト採掘場探索UHを闊歩していたわけですが、12人クエストを7人6人で立ち向かうシチュエーションに、PSO2サービス当初、もしくはアルティメットクエスト - ナベリウスが実装された当初のことを思い出したのです。


念願のラッピーが手に入り嬉しくなってサモヒサ(久々のサモナー)で挑んだ本日。主力はなんと行っても愛機メロン。テッペキーンなタフネスさを活かしつつ被弾2発で全力投球は、腐心の末オレオレプレイ環境を築き上げたアル中には非常に使い勝手が良いのです。


PSO2とともにブログを初めて7年を迎える中、久方ぶりのプレイ日誌を綴る事となりましたが、今回の学びはなんと行っても「テレパイプ」。


UHフリークエストを回っていてヒシヒシと感じることは、周りの人のムーランライトの暖かさ。マップにデッドサインが上がった瞬間にムーンライトを投げてもらったときなど、嬉しさのあまりラッピーの変わりにおれがタルラッピーキャノンで打ち上げられたいくらいです。

そもそもへべれけでゲームするなよ、とごもっともな叱責を受けてしまいそうですが、テレパイプの恩恵を、自分が床ペロしたときではなく周りの人を起こすためにムーンを補充する際に感じたのです。


UHフリークエストにおいて総勢6人で対するはラファガ・リンガーダとシュトルムマイザー。凹凸の激しい地形を活かしつつ安全地帯からレドラン・バーストで応戦していたのです。


ふっふっふ、ここからレドラン・バーストを放っていれば、彼奴の攻撃も届くまい。
と思っていたのですが‥



リンガーダお得意の全方位衝撃波で見事に即死したのであります。


おまけ

ただの余談ですが、少し前、MSKこと大佐と偶然にも深遠なる闇の勝利SSに写ったカット。


これこれ、こういうさりげないのがPSO2のいいところだと思うんですよね。


中年コスプレシリーズ - 奪還作戦 -

August 25, 2019

本隊はこれより敵地中枢へと向かう。
クソ虫の親玉がのうのうとあぐらを掻いて、クソ虫どもを湧かせているらしい。
これ以上、増殖を許すわけにはいかん。
やつらのケツにデカブツをぶちこんでやれ!

サー、イェッサー!!




さぁ、クソ虫どものお出ましだ。
驚異はすべて排除しろ!

サー、イェッサー!!


無残だな。
一秒でもクソ虫を生かすわけにはいかん。発見次第即刻殲滅せよ!



サー、イェッサー!!


メーデー、メーデーッ!!
援軍が不時着する。再起動まで援護しろ!

サー、イェッサー!!


それは、クソの詰まったクソ便器だ。
チリも残すな!

サー、イェッサー!!


機関砲、使えます!
よろしい、クソ虫どもに存分に鉛玉を浴びせてやれ!弾薬をケチるなっ!
  

さぁ、クソ野郎が来たぞ!


ありったけの弾を、ヤツのケツにブチ込んでやれ!

イェッサー!!




コーデ詳細

ヘアスタイル: 大神ヘアー
ポディペイント1: なし
ボディペイント2: なし
アウターウェア: タクティカルベスト [Ou]
ベースウェア: タクティカルスーツ葉 [Ba]
インナーウェア: ブライトプリンセス [In]
アクセサリー1; フロンティアインカム
アクセサリー2: サバイバーバックパック
アクセサリー3: ミリタリーベルト
アクセサリー4: カジュアルレッグポーチB
武器: カルシウェポン、ヤスミノコフ4000F

兵装コスプレ再び。
この路線のコーデは2016年ワイルド32017年プロフェッショナル以来でしょうか。定番の軍用コーデですが、コツコツとアクセサリーを集めてきたこともあって、しっくり来るやつができました。個人的にはバックパックをうまく使えた気がします。噂ではPSO2がアメリカ展開に挑むとか。過去東南アジア版を展開していましたが、2年と持たずに沈んだと記憶していますが、どうだったでしょうか。これは偏見も多分にあることだと思いますが、アメリカの人々はミリタリービジュアルが大好きだと思いますので、グッズを存分に供給してあげてほしいものです。出来合いの衣装にアクセサリーと武器を足しただけですが、タクティカルスーツコーデ路線にマッチングした例をリリースできたと思っています。今回武器をそのまま使っていますが、いい感じのものは武器フォームチェンジで長い付き合いにしたいものですね。いやはや、これらも倉庫に保存しておいてよかったと言わざるを得ません。

舞台はアドバンスクエスト市街地(アークスシップ市街地)。2012年の頃はここを舞台に緊急クエストを楽しんだり、クーガーと戦ったりしたものです。文字通りエネミーのケツを追いかけることに躍起になり、アークスシップがどんな有様に成り果ててしまったのかマジマジと見る機会はありませんでした。運良く虹も発生してくれました。レアドロ率が上がるなどと告知され、この虹の発生で沸き立つ事もありましたが、今となってはなんと些末なことに動揺していたのか…。



コーデ詳細

ヘアスタイル: ツインシニヨシ
ポディペイント1: アンダーアーマー
ボディペイント2: なし
アウターウェア: コンバットジャケット [Ou]
ベースウェア: コンバットライダー葉 [Ba]
インナーウェア: シリコン1 [In]
アクセサリー1; フロンティアインカム
アクセサリー2: なし
アクセサリー3: ブラックレッグナイフ
アクセサリー4: ブラックアームスカーフ
武器: インフィニットコランダム

毎度中佐の戯れに付き合ってもらっている舎弟。今回は鬼上官に扮してもらいました。クソクソ言っていますが、元ネタは言わずもがな、フロントミッション5です。もう随分古いタイトルとなってしまいましたが、幸いにもyoutubeで動画がアップロードされていますので、どんな物語だったかすぐに思い出せます。このタイトルは声優さんに本当に恵まれていますね。あのテーマの中でも楽しんでゲームができるのは彼らの演技あってのことと言って過言ではないでしょう(恵まれてるどころか負けるはずがないと言ったほうが…)。兵装ですので、前を露出することは防御力を失する不自然な衣装な気もしますが、そこら辺は大人の事情なのでしょう。武器をインフィニットコランダムにしたのは、最新鋭の銃器を使っている感を出したかったのです。フロントミッション5でも、ボスは特殊なヴァンツァーを使っていました。

公開直前に読み返した今、アークス船団緊急クエストで描きたかったストーリーはこういうことなんじゃないかなぁとしみじみ思います。2012年時点では、コーデアイテムがまったく足りていませんでした。あ、でもコモン武器とスーツは揃っていたからPSO2らしさと言えば足りていたのかも…。いやぁ、あれじゃまだまだアピール足らないっすよ。

Powered by Blogger.