FoPh - S3:猛威の奮激

激おこぷんぷん丸(死語)

昨年オフスNTシリーズを手に入れるための素材集めとしてアルチエリアを徘徊していた折、付随アイテムとして実装された★13武器ディアシリーズ。その特殊能力因子として付与できるのが「S3:猛威の奮激」。被弾後3分間効果停止という極めて厳しい制限がある反面、被弾さえしなければ以下のずば抜けた効果があるそうです(出典元swiki)。

・威力:4%上昇
・クリティカル率:5%上昇
・PP自動回復量:10%上昇
・攻撃時PP回復量:15%上昇
・消費PP:5%減少

わいわいがやがや、マルチクエストがメインコンテンツとなるであろうEp6であれば被弾する機会も自ずと減るのではないかと思うこと、FoPhがこれまでになくテクニックを連射できることから、ここで実戦投入することにしました。


6月初旬よりせこせこ準備したものがこちら。
S1、S2もPP工面に関連するS特殊能力を付与したのですが、苦労して「S4:回路輪転」を付与できたものですからフォトンフレアロッドSC発動頻度も上がりガス欠が絶えません。

百聞は一見にしかず。自分が振り返る意味も込めて久々に動画を撮ってみました。


…フォイエマン登場。
天然多スロのバル・ゼムスから鍛え、ユニットは過去に作ったものから更新していませんので、最近流行りのPP盛りとはほど遠い(最近流行りというか、Ep2の頃に戻っただけというか)。ガス欠の分は、R/PPコンバートリングとケートス・プロイ、アトルオービットで誤魔化し誤魔化しです。ジャンプミラージュやらテックCパリングやらを駆使して夫婦ワンちゃんと戯れています。所詮にわかFo。おれがこれをつけることはないだろうと思っていましたが、L/ショートミラージュも用意すると、ワチャワチャ動けるFoがプレイできるのでしょうか。

2 comments:

  1. うーむ・・・こういう上級者向けのSOPは私には一生縁がなさそうですねw
    最近の☆15武器も結構上級者向けが多くて、手に入っても持て余しそうなのが多いですw

    ReplyDelete
  2. 黒羊さん

    常にパーフェクトゲームで挑むことなど俺自身も期待していませんし、やれる気がしません。皆で助け合うマルチで、遠距離攻撃のテクニックだからこそやってみようと思った次第です。

    Ep6以降の特色のある性能は、最上級品シリーズとの差別化を図るために作られているのでしょう。どうせ流れていくものですので、ゆるく使えばよいのではないか、と思います。

    ReplyDelete

Powered by Blogger.