PSO2感謝祭2019 in 神戸コンベンションセンター


おれたちが、アッシュだ

前回の名古屋会場は前日に参加を思いつき、何も予定を組まないでフラッと参加できましたが、今回の神戸会場は二月ほど前に一泊二日プランで予定を組んで参加しました。
※前回同様ただの酔いどれ日和日記です。アプデ情報は載せていません。


朝8時前定刻どおり電車と新幹線を乗り継ぎ、11時前に新神戸駅へ。早めに新神戸駅に臨んだのは大阪在住の古い友人と会うため。友人は昨年には夫婦生活を始めており、おれも春先に大きな転換を果たしたばかり。互いの近状や日常のどこにでもあるような細やかな楽しみを、南京町の中華料理をつつきながら語り合いました。友人曰く9月末ごろは予定が開けられるそう。2008年以来すっかり年度行事となっている横浜赤レンガ倉庫のオクトーバフェスト参加で再開を予定し、土産を渡し合って解散としました。友人を呼び出したのは自社の酒の売り込みの側面もあったのですが、果たして結果につながるだろうか。

その後、海洋博物館でチームメンバーのコナーさんと合流し、自分だけでは赴くことすらないような展示を見ていました。彼とは2014年のオフ会以来ちょくちょくオフイベをともにしています。オラクルの世界を闊歩するようになって早7年。感慨深いものです。ちまちま書いたブログが往時の記憶を呼び起こすトリガーとなっていることが、続ける理由なのかもしれません。そこから晩飯を「炭火焼肉・にくなべ屋 びいどろ 本店」で。雨で足元が悪く遅刻しましたが、なんとか。ここの神戸牛は大変品質がよく、表面に灰色と朱色が混ざっている状態で食べても大丈夫でした。むしろしっかり焼いちゃうと勿体無い。生憎の天気で行ったり来たりがつらい状態でしたが、宿はダイワロイネット神戸にて。今回の神戸大会に参加するきっかけとなったのは、名古屋大会参加後チームチャットでその旨伝えると、コナーさんが神戸大会参加を言及したため。そういえば神戸の街を歩いたことはあまりないかも。この宿もへべれけになりながらPSO2チャットで話しつつ予約したのです。7月3連休のためか、一泊がムダに高い。てか、そもそも4月の時点で宿が空いてない‥。ホテルロビーでチェックイン手続きをしている隣で、入店できなかったのだろう青年たち3名が他所の宿を探しているようでした。年齢、風貌から推測するに同じアークスの人達かな?高い金に見合ったベットで睡眠を取り、疲労を残すことなく翌朝を迎えることができました。朝飯はこれ。


宿の朝飯を公開するのは2015年夏のアークス課外活動以来ですが、宿をとったときの朝飯は普段の倍くらい食べます。無駄に腹がへるんですよね‥。

8時半にホテルを発ちましたが、昨夜の雨は小康状態でスムーズに神戸コンベンションセンター、もとい国際展示場に向かうことができました。コナーさんが学会の発表会で使ったことがあるらしく、PSO2公式ページの書き方は全く的を射ていないと不満タラタラでした。おれもコナーさんがいなかったら迷っていたかも。どうやら時を同じくして近くでライブがあったようです。何も考えずに行列に参加していたら、そっちに行っていたかもしれないなぁ。



名古屋会場で設定画を確認していますが、そこから変化はないようでした。前回よりうまく取れたと思うものだけ。


Ep1ではただプンスカしてるだけの余裕がない残念な人丸出しのゲッテムさんでしたが、Ep5ではちゃんとした道義をもったキャラクターとして扱われていましたね。イラストで見るとめちゃかっこいい。てかいい尻してるな。いろいろありましたが、ちゃんとキャラクターとして救われる扱いを受けて一安心。あのままじゃ、可愛そうで‥。


これが前回言及したマルさんのイラスト。足を内股にすると女性らしさが際立ちますが、こりゃ少しやりすぎじゃないすかね。腰とか痛くなるし。前回の学習があってか、少し画像のとり方がわかった気がします。イラストにカメラを近づけすぎると採光が悪くなるためぶれてしまうということです。拡大機能を使って遠くから撮ったほうが上手く採光できてピントも合う、ということなのかな?


調子に乗って、バシャバシャ撮っていると、コナーさんが一言。「これ、モブのほうが可愛くね?」しー、しーですよ、コナーさん!


コナーさんがジェネちゃん公式コスプレイヤーさんとツーショットを撮ってもらっている間、俺が眺めていた会場マップ。オフィシャルサプライヤーのところに電子機器関連の企業名が乗っているため「はて、どこで関わってるんだろう」と疑問を覚えましたが、生放送でちゃんと紹介されていましたね。どこで、どころか機材の提供なしには、ゲームはできん。ちなみに前回名古屋会場でペリエを開封した途端にシャンペンシャワーが発生したため、今回は一切触りませんでした。お約束のこの展開をコナーさんに伝えると、昼過ぎに「他チームの知り合いの人がそれやってたよー。注意喚起ありがと」って言ってくれました。暑いこの時期飲料の提供は非常にありがたいですが、扱い注意、なのであります。ちなみにこのときもらったペリエを頂きながらブログを書いています。

この後、かつてチームに所属してくれていたSKerさんと合流し会場の模様を満喫しました。コナーさんとSKerさんはA.I.S起動コードゲームに挑んでいたため脇から見ていましたが、かなり難易度が高く感じました。「SNSで回答を拡散しないでください」と注意書きがありましたが、これを作るのは時間がかかってそうだと感じました。時間つぶしにもってこいなように手強く作ってあるようですので、8月の有明コロシアムに参加する方はどうぞ。ちなみにおれはほんとに見てただけです。お土産もらっても、かさばるだけですので。

PSO2放送局の模様はニコ生や各ブログで紹介されている通り。特にアル中が細く説明する点もありません。メインクラスのFiに不満コメントや改修方針が少なかったという点は、クラスとして立ち位置が完成したことの表れと見ています。Huが不評だったのは‥、Ep6になってからプレイしていないのでなんとも言えません。ウォークライを行使すれば、勝手にエネミーから寄ってくるものと思うのですが。

途中腹が減ったので腹ごしらえ。と思っていたのですが、売店のほとんどが完売状態。ロビアク「ピザーラ」はすでに所持しているので予定はなかったのですが、ピザーラさんでワンピースいただくことにしました。朝飯、がっつり食っておいてよかった。

冒頭のセリフは、PSO2アニメ広報の際にあったコメント。アッシュくんでokだと思います。中年おっさんのスレード中佐でPSO2をプレイしていますが、中佐が主人公だと貫禄がありすぎて、他キャラクターのコメントと釣り合いが取れていないことが多いのです。Ep4ではヒツギちゃんから「君」などと呼ばれていましたが、まぁなんというか…。ちなみにPSO2アニメの監督やシリーズ構成担当者のことをwikipediaで調べてみましたが錚々たる実績の持ち主のようです。アニメはGONZO社が担当しますし外れることはないと思うので、時間を確保できる方はどうぞ。

そしてお待ちかねの、ミニライブ。
今回は小林さんと福山さん、花れんさんのお三方。楽曲は、

・False Daranble ver. バスター緊急
・LEYGENDAR - エリュトロン・ドラゴン戦 - 
・Ep5 エンディングテーマ

でした。
ファルス・ダランブルのテーマは、狂想曲。小林さんも相当な演奏を要求されるためかいつものギタータイプのシンセサイザーではなく卓上のものを使っていましたね。福山さんも楽譜タテを2つ使っても足らない長さの楽譜を見ていました。これ、途中のジャズっぽいフレーズがたまんないんだよなー。ゲームではフェーズが切り替わってしまい聞くことができない後半部分の演奏も聞けました。‥てか腕の動きがやばい。LEYGENDARはいつもの通り。エリュトロン・ドラゴン、ほんと強かったよなー。などとしみじみ。いろいろ物議を醸しましたが、あれだけ広いフィールドを全面に使ったボスは、贅沢な扱いを受けていたと言えるのではないでしょうか。そして、Ep5エンディングテーマ。花れんさんが言うにはオメガの神となったハリエットが主人公に向けて送った言葉になっているとか。先日Ep6初回アンケートで、Ep3時点でリサが後続のストーリーに続くコメントしているSSを掲載しましたが、ここにもなにかあるのかも。Ep5の歌詞はすべてオメガ語で書かれているため、意味を知るには近々リリースされるEp5サントラコンプリート版を手に入れる必要があります。Ep5がどんな思いを込めて作られているか知るためには必須アイテムとなるのかもしれません。‥どうしようかな~。

ちなみに生放送で青と薄緑のフォトンライトと発光するリングを付けて腕を掲げていたのが、おれです。ライブシンパシーで配布されたアイテムを持っていたのですが、リングが暗闇でここまで目立つものとは思いませんでした。演奏者たちに、しつこいファンが来ていることが伝わったでしょうか。

No comments

Powered by Blogger.