中佐のぷそ2 2019



気がつけば、2019年もすっかり暮れを迎えてしまいました。
東京脱出を果たした春から、もう1年が経つのかと思うと早いものです。

毎度恒例、2019年の振り返り記事、これを以って今年のブログ記事もお開きです。


中年コスプレシリーズ


3月のデビルメイクライネタ。バージルあんちゃんのコスプレは、長いこと温めていたネタです。ファイナルトレイラーを見て、満を持しての発表となりました。‥実はDMC5は一度クリアしたところで止まってしまいました。アル中のPCでは、若干グラボのパワーが足らないようです。WindowsのアップグレードついでにPCを買い換えようと思っていたのですが…。そして2年のインターバルを置いてようやく綴ることができた、じぃと師匠の話。実は「お見事です、お嬢様」を綴った時点で、次は師匠の話にしよう、とテーマは決まっていました。ぼんやりとイメージは合ったのですが、師匠を綴るに相応しい場所が見当たらず、発表できないでいました。Ep5の中世欧州の様美式は喉から手が出るほど使いたかったネタ。自由に使えるEp5期間限定クエストは絶好のチャンスだったのです。中佐のぷそ2 2017でも述べていますが、じぃのネタはペンがザクザク進むのです。と思っていたら、酒と時間も同様にザクザク進んでいました。ベロベロに酔っ払ってるだけやん。
ちなみに、このSSを撮っていながら、マー君のヒーローフィニッシュとも言える大技のシーンで終わりにしたのは、ちょっとしたイジワルでした。マー君が本気でかっこよく見えたせいもあるのは確かですが…。ラスト、湖畔のBGMを聞きながら記事を書き、じぃの懐旧の思いを何度も読み返し、ボロボロに泣いた酌も、よい思い出です(親バカ極まれり)。本当によいエリアを用意してくれました。


オフラインイベント


久しぶりの来店となったスイーツパラダイス新宿。このときには前職の職場にも退職の意を伝えていて、あとは時期を待つのみ、といった体制までプロジェクトを安定的に進めることができていました。持つべきは、ちゃんと話を聞いてくれる上司と信頼できる同僚、ですな。新しい職場になってつくづく感じるのは、こういうのマジ大事。

東京脱出した時点で、これまで通りPSO2イベントに自由に参加できるか未確定でしたが、なんだかんだ2回のオフラインイベントに参加することができました。感謝祭名古屋会場に行こうと思ったのは、遠出したくなっていたことと、ジェネカップなコスプレイヤーさんから元気をもらおうと思ったため。昨年秋を盛大に彩ってくれたバスター緊急クエスト後半戦開幕を彩るTILFON 。アンプから吹き出る爆音を今でも耳が覚えています。なんだこれ、すげーやべー緊急クエストが来たぞ。と勇み参加したことを思い出します。BGMがヤバイくらいかっこよく、難易度もヤバイやつでした。この名古屋会場参加をチムメンに紹介し、久しぶりの対面となった感謝祭神戸会場。チムメンのコナーさんがいい男になったということは、おれも順調に年をとっているというわけだ。…順調どころか、今日マッサージ師のおっちゃんにメンテナンスをお願いしたら、失笑されるほど使い込んでいるみたい…。体鍛えないと。


PSO2es


すでにesのエルジマルトストーリーも佳境に入っているようですが、アル中は以前まともにプレイできる状態になく…。相変わらず首から上やら全身やらがステルス迷彩状態で、まともにプレイできていません。細々とクイック探索をするのみです…。全データを再ダウンロードしようとすると回線弱いせいかアプリがダウンしちゃうんですよねー。トホホ…。


サポートパートナー


中年コスプレシリーズネタを支えてくれるサポートパートナーダフネ。プレイヤーとは違いロビーアクションも指示できないのでSSに使える選択肢は限られているのですが、「奪還作戦」 ではいい味を出してくれました。上述の通り、師匠の話が湿っぽく終わってしまったので、この記事では完全にハッチャケる内容に徹したのです。市街地もうまく使えた気がします。そして先月11月にリリースされたパートナーホログラム。未だにPVを伸ばす記事となったようです。サポートパートナーをどれだけの人が使っているのか気にしたこともなかったのですが、思ったよりも多くの人がサポートパートナーを自キャラの一部として見ていることが伺える結果となりました。

ちなみに今年のクリスマスバナーは、以下のSSを切り抜きして用意しました。勝利ポーズロビアクは、いいショットが望めるロビアクのようですね。今回のペアルック要素は、エフィメラの花です。





SF回帰



吉岡ディレクター渾身の『終の艦隊迎撃戦』。12/18の正式リリースを前に20万回再生を記録したEp6オープニングの舞台。リリースから半年、ドロップがいささか現状に見合っていないため影を潜めていますが、こだわり抜いた演出は未だに気付かされるものがあります。1対8の絶望的な局面、かつ四肢を奪われてもなお戦い続けるその一途な姿勢に、敬意の念を抱かざるを得ないネメスアンジュール。隠れファンも多いのではないでしょうか。などと呑気なことを抱いていたと気付かされる『宇宙を斬り裂く紅き閃機』。アンジュールちゃん本気っす。ジャコーさんの記事ではありませんが、A.I.S損壊による賠償責任とか言ってる場合じゃない。

そして先日リリースされたエトワール。ファントムに続くEp62つ目の新クラス。アル中好みのマッチョなクラスでした。Hr、Phのようなギアフィニッシュはないものの、それを補って余りある武器アクションが肝のようです。諸々あって十分な時間を確保できていませんが、一つ分かったことが、Etダブルセイバーは武器アクションの当身カウンターが鬼のように強いということです。困ったことがあったらとりあえず武器アクションボタンを連打しているだけでほぼ無効化、かつ高ダメージを与えることができることでしょう。昨夜ようやく掴んだもう一つの要点で、セレスティアルコライドの刃は巻き込み判定があるということです。エルダーアームを相手に、先の当身ゲームを楽しむついでにこのPAで遊んでいたのですが、刃がアームにヒットすると、50万を超えるダメージカウンターが2つ…。爪の剥がれたアーム2つにあたったようですが、ただの1PAを弱点に当てただけで50万ダメージはなかなか見どころのあるPAのように思えました。ギアフィニッシュであれば、もっと大きなダメージを望めることは確かですが、いつでも使えるPAでこのダメージはなかなかだと思うのです。しかも中佐の装備はようやく★13ユニットに乗り換えたばかりでOP付もままならない状態。まだまだ伸びるとということです。Hr、Phに比べるとマルチの苦手な対ボスクラス色が強いEtと思いますが、タフなプレイを望めそうです。2月のアンケートで「RoyalGuard!」などと吠えましたが、ほんとに実装してくれた感満載なのです。

2 comments:

  1. やはり、こういう振り返り記事は面白いですねw
    色々と思いだします。
    個人的にお爺ちゃんキャラが好きなので執事さんの記事はよく覚えてますねぇ。

    ReplyDelete
  2. こんばんは、黒羊さん。

    ブログを綴り始めて少々立ちますが、年末のこの記事で何を書くかを考えながらそれぞれの記事を仕上げているフシもあります。上述の師匠がオメガ・マスカレーダを倒したSSをあえて掲載しなかったことがよい例です。この場でネタバラシをすることも併せて決めていたりします。

    急がずマイペースにブログを綴ることに徹する運用に切り替えたから、できることかもしれませんね。

    ReplyDelete

Powered by Blogger.